鑑定体験談

津玄楽々美 先生

ふざけて行った心霊スポット。それ以来、友人の様子がおかしくなり…。

●京都府京都市 関 智花さん(25歳)

友人と、飲んだ帰りに地元では少し名の知れた心霊スポットを訪れました。その日は何もなかったのですが、それからというもの、友人の様子がだんだんとおかしくなったんです。LINEの返事も全然来なくなり、電話も通じず。彼女のアパートに行ってようやく無事を確かめましたが、ぼーっと空を見つめたまま、会話ができません。「もしかしたら何かに憑かれているのかもしれない」と思いましたが、とても外に連れ出せる状況ではなかったので、電話占いの津玄先生にご相談させていただきました。

先生は電話が繋がるやいなや、「よくない場所に行ってしまったのですね」と神妙な声で言うので、私はとんでもないことをしてしまったんだと後悔しました。しかし、先生は私をとがめることなく、「お隣にいる方はご友人の方ですね? すぐに除霊が必要です。危険ですので、ご友人から離れてください」と言います。私は先生に言われるがまま、電話をスピーカーに切り替え、友人を残し廊下へ移動しました。扉越しに様子をうかがっていると、何やらお経のようなものが聞こえ、友人ではない“何か”が苦しむような声と、暴れるような音が聞こえてきたのです。私は震えながら、除霊が終わるのを待っていました。そして、しばらくして部屋が静かになったので、そっと覗いてみると、静かに寝ている友人の姿がありました。

スマホで再び先生に呼びかけると、先生はとても疲れた声で「これでもう大丈夫ですよ。ご友人は、もともと霊を呼び寄せやすい体質のようです。狐の霊が憑いていました」と教えてくれました。友人はその日は目を覚まさず、心配だったので私も友人宅で夜を明かしました。そして翌朝、ようやく目を覚ました友人は、私が隣で寝ていることにひどく驚いていました。どうやら、霊に憑かれている間のことは何も覚えていない様子でした。これに懲りて、もう面白半分で心霊スポットには近づかないようにします。先生、友人を救ってくださり、本当にありがとうございました。

鑑定体験談 一覧へ

先頭へ