宜保通信 -霊能の世界-

霊障によって症状が異なる?
症状による一時的な見分け方(2)

宜保詠歌霊能者に聞く ④

霊障を引き起こす霊の種類

霊障

では、霊障が起こっている状況、霊障そのものについてみていきましょう。霊障によって、どのような霊がそれを引き起こしているのかをある程度予想することができます。

先祖霊による霊障

先祖霊が、自分を供養していない警告を出す場合、特に家のことで災いがもたらされることが多いようです。例えば、男子の短命が続いたり、良縁に恵まれなかったり、働いても一向にお金がたまらなかったり、家族皆が病気がち、大きな事故に遭う、怪我をするなどの異常な状況が起こったりします。

水子霊による霊障

水子霊による霊障の特徴は、子どもを授からない、もしくは、子どもを授かっても病気や事故で早々に子を失ったり、子どもが難病にかかったりします。また、子宮の病気やお腹の張り、腹痛なども特徴的な不調です。

悪霊による霊障

悪霊による霊障は、意図的に人間を苦しめるものです。その動機は、善良な者に対する嫉妬や憎しみにあるため、復讐をしようとすることがあります。また、その恨みから、誰かれかわまず、幸せそうな状況を苦しめてやろう、憂さ晴らしをしてやろうと思うこともあります。起こりうる霊障としては、自殺に追い込まれたり、残忍な犯罪行為をさせたり、酒乱にさせたりと、人生がめちゃくちゃになります。もはや「不運」では片付けられない状況が起こるのです。

死んだことを理解できていない霊による霊障

先ほど、自分が死んだことを理解できていない霊もいると述べました。つまり、自分が死んだことを理解できていないので、混乱して無意識に人に憑依し、何とかしたいと思っているのです。しかし、自分自身ではどうすればいいか分からないことが多く、人に憑依したまま、苦しむといわれています。そして、とりつかれた人は体調不良になったり、精神が錯乱したりして、いずれにしても人生が狂わされてしまうのです。

生き霊による霊障

生き霊によって悪影響を受けた場合、身体がだるく、情緒不安定になり、さらに集中力がなくなり、何もできなくなってきます。また、多くの場合、睡眠障害に見舞われてしまい、なかなか寝付けない、そして寝付けても途中で目が覚めてしまうといったことが起こります。また、眠っても悪夢を見ることもあります。思いもよらぬ事故に遭ったり、悪い人と縁をつけられたりして悪いことが続きます。仕事や恋愛についても、その生き霊が面白く思っていない事柄に対して、不運に見舞われることになります。仕事がうまくいかなかったり、恋愛でもここぞというときに大きな邪魔が入ったりするのです。

動物霊による霊障

動物霊が人に憑依して霊障を起こすことがあります。動物霊は、本能のままに行動していた生前のままに行動します。人に憑依すると、その人物は欲望のままに突き進むことになってしまいます。しかし、何か一見、いい方向に向かうことがあります。例えば、懸賞で大金が当たったりするなどです。しかし、その後、なぜか不幸が続き、不運の連続といったことが見られます。こうした運気の上下の起伏の激しさは、動物霊による霊障の特徴です。

霊障にはさまざまな種類があり、さらに霊障を起こす霊にもさまざまな種類があります。何らかの霊障があるという場合、ある程度その霊の種類を見定めてみるのもよさそうです。

宜保通信 一覧へ

先頭へ