電話占いであった不思議な話 -霊能の世界-

第37回 燕尾白音 先生

「すぐ彼に連絡するように!」従ったら火事を未然に防げました

大阪府大阪市・辻村静稀さん(仮名)25歳

火事を未然に防げました

友人がとてもよく当たると太鼓判を押していたので燕尾白音先生に電話で占ってもらいました。性格とか自分についてとかいろいろ見てもらって、すごく当たっていて驚いたんですけど、最後に…と付き合ってる彼氏について聞いた途端「彼はいまとても大変な状態にいます、このままだと大惨事になりますのですぐに連絡してあげて下さい」と言われました。

先生いわく、一分一秒を争う事態、とのことだったので、鑑定が終わってすぐ彼に通話を入れました。彼は寝ていたみたいで、私の着信音で起きた様子だったんですけど、急に騒ぎ出して、スマホの向こうでバタバタという音がしました。そしてしばらくして「火事になりかけてた」と言ってきたんです。なんでも寝る前に吸っていた煙草の火が消えていなかったらしく、溜まった灰皿から白い煙が上がっていたとか…。

「通話くれてありがとう」と何度も感謝されました。彼は占いとか霊感とか信じない人なので占いの先生に言われたとは言いませんでしたが、「火事になったら大変だから本当に気をつけて」と何度も注意しておきました。燕尾白音先生に急かされて連絡して本当によかったです。

不思議な話 一覧へ

先頭へ