電話占いであった不思議な話 -霊能の世界-

第35回 加夜明泉 先生

軽い気持ちで片思いの相談をしたら中古で家具を買ったことを言い当てられ…

埼玉県川越市・大原菜々さん(仮名)26歳

以前、加夜明泉先生に霊視鑑定をお願いした時に、背筋が凍るような出来事がありました。占い好きの友達の「当たる」というお墨付きだったので、当時気になっている人との相性を見てもらおうと軽い気持ちで鑑定してもらったら、すぐ「最近中古の家具を買いましたね? 木の棚ですね?」と言われたんです。つい一週間ほど前にフリマアプリで中古の無垢材ラックを買ったばかりだったので本当に驚きました。

「はい、買いました」と震える声で答えると「それは良くないものです。今すぐ処分されたほうが良いでしょう」と言われたのです。なんでも前の所有者は失恋を苦に自殺しており、家財道具を処分するため売りに出されたものだ、その念が染みついている、とのことでした。「霊的にもよくない上、その自殺した女性の念を浴び続けていると恋愛運がどんどん下がります。あなたの片思いも叶わなくなるでしょう」とはっきり言われました。

「ひっくり返したら証拠が見つかります」と言われて、あまりに怖くなったのでその場で一旦電話を置いてラックを横にしてみたら、裏底の板にうっすら赤黒いシミが見つかりました。驚いて先生に報告すると「それは自殺した女性のものに他なりません。なるべく早く処分して下さい」と再度言われました。片思いに関しては「自然に叶う。ただし棚を処分しなければ叶わなくなる」と言われました。

鑑定が終わったあと、ラックをすぐ処分しなければ、と思い、粗大ごみを引き取ってくれる業者に連絡して来てもらいました。ちょっと余計にお金が掛かりましたが、一刻も早く捨てたかったので良かったです。片思いの人とはその後、自然な流れで距離が接近してお付き合いになりました。それはよかったのですが、買ったばかりのラックを言い当てられた衝撃は今でも忘れられません。もう中古で家具を買わないようにしようと思いました…。

不思議な話 一覧へ

先頭へ