霊能者に聞く -霊能の世界-

第4回縁切り

福塚希乃 先生

霊能者にとって縁切りというのは、縁結びよりも難しい仕事です

  • 最近は縁結びと並んで縁切りを望まれるお客様が多いと聞いていますが、これは何が原因なのでしょうか?

    縁切りの依頼は最近、本当に多くなりましたね。背景にあるのはやはり、女性が男性を選ぶ時代になったということではないでしょうか。「だめんず」とか「草食男子」とか言う言葉が流行っていますが、現代社会の男性は次第に女性のニーズを満たせなくなってきているのかもしれません。
    お互いに気に入って交際しては見たものの、付き合いが深まるにつれて相手の駄目な部分ばかりが目立ってきて、最終的には一緒にいること自体が嫌になってしまう……鑑定の際、そういう趣旨のことをおっしゃる女性が増えています。単に女性が我が儘になったのか、それとも男性全体の魅力が低下しているのか、その辺のところは正直よく分かりませんが、とにかく「現在の恋人ときっぱり縁を切りたい」と願う女性の数は確実に増えています。まあ、中には男性側のドメスティックバイオレンスや借金など切実な問題が原因となっているケースもありますが、実際に縁切りを望む女性の全員がそういうわけでもありませんし、どちらかと言えば「飽きたので別れたい」「他に好きな男性ができた」という単純な動機の方が多いですね。

  • 先生はどのような形で縁切りを実現させるのですか?

    霊視に基づくアドバイスが一割、後の九割は縁切り祈祷を施して速やかに解決します。「相手の男性の気持ちはコレコレこうですから、その気持ちをくみ取ってあげて、円満に話し合って別れてください」と一応は助言しますが、大抵の場合は上手く行かないですね。と、言うか、別れ話をしても相手が別れてくれないから、私の所へ相談が持ち込まれるわけです。 私の印象ですと、現代の男性というのは多分に女性化していて妙に未練がましい人が増えていますね。この男性側の未練を女性側が断ち切れず、最後は腐れ縁のような関係に陥ってしまうわけです。
    ですからこちらも、現実の行動を通して別れさせるということはあまり考えず、すぐに縁切り祈祷をさせていただいています。

  • その縁切り祈祷の内容についてもう少し詳しく教えてください。

    じつのところを言えば、縁切りというのは縁結びより難しい仕事なのです。男女が恋愛関係に陥ると両者の魂を結びつける形で霊的な縁の絆が形成されるのですが、これはあらかじめ霊界次元で決められているケースが多く、本来ならば霊能者が人為的に操作してはいけないものです。でも、縁を用意した当事者である先祖霊などを初めとする霊界存在にきちんとした説明をした上で納得してもらえれば、祈祷の呪力を用いて縁切りすることも許されます。 理想の恋愛に夢を抱いている方にはショックかもしれませんが、たとえ赤い糸で結ばれた相手であろうとも腐れ縁化するケースもありますよ。運命の糸に導かれて恋愛関係となった後でも、良好な関係を維持しようとする男女双方の努力や相手への思いやりが足らなかったりすると、二人を結びつける縁のパワーはどんどん弱体化して逆にネガティブな性質を帯びてきます。こうなってしまうと、関係をいったんゼロに戻した方がかえって建設的に生きられるということもあります。
    また、赤い糸の縁というのは唯一本だけしかない絶対的なものではなくて、どんな人間にも複数用意されているものなのです。ですから仮にAさんとの赤い糸の縁を祈祷で断ち切ったとしても、相談者の方が一生独身のまま終わるということはありませんし、必要な時が経てば必ず別の赤い糸で結ばれた相手が出現します。
    とくに私の場合は縁切り祈祷を行う際には、同時に新しい良縁をもたらす術も並行して施術させていただいていますので、どうかご心配なさらないでください。

  • 縁切りの祈祷というのは簡単に効果が出るものなのですか?それとも実際に相手と別れることができるまで時間が掛かったりしますか?

    効果が現れるまでの期間については一概には言えませんが、今まで私が手掛けたケースでは、だいたい一ヶ月から二ヶ月以内に円満に別れることができています。私が使う密教系呪術はとくに即効性があるものなのです。まあ、中には相手の男性がストーカーしてしまい、完全に別離させるまで半年掛かったこともありますが、それは本当に例外的なケースで、大抵の場合は男性の側も自然に気持ちが冷めていき、知らないうちに関係が自然消滅するという形を取りますね。
    交際中の男性のDVや性格的な異常性に悩んでいる方、他に好きな相手ができてしまった方、理由はどんなことでもかまいません。とにかく後腐れなく恋愛相手との縁を切りたいと願っていらっしゃる方は、どうぞ一度、私の鑑定を受けてみてください。

霊能者に聞く一覧へ

先頭へ