霊能者に聞く -霊能の世界-

第1回復活愛

糸屋剛健 先生

成就不可能な復活愛でさえ強制的に成就させることができるのが、霊能鑑定の強みです

  • 復活愛の成就は霊能者と言えども非常に難しいと言われていますが、先生はどのような形でこの問題を解決されるのですか?
    糸屋先生は復活愛の願いを100%近くの確率で叶えると評判になっていますよね。その秘訣をぜひとも教えてください

    秘訣と申し上げても、試しに実際の鑑定を受けてみてくださいとしか申し上げられませんね。
    ただ、復活愛の成就に関して二段階の方法を取るようにしています。最初の段階では、復縁したい相手の状況を詳しく調べ上げて、相談者がどのような行動やコミュニケーションを取っていけば再び向う側の愛情を呼び覚ますことができるのかをアドバイスします。この方法でヨリが戻るケースは相談全体の約40%くらいでしょうか。別れてからの期間が一年以内の場合は、この霊視に基づく助言のみでも復活愛が成就する可能性が比較的高いようです。

  • 具体的にはどのようなアドバイスをされるのですか?

    例えば現在、彼がどんな場所で時間を過ごすことが多いかなどを霊視と霊感で調べ上げます。そこへ相談者の方に偶然を装って行っていただくわけです。むろん相手は霊能鑑定で調べ上げたことなど知りませんから、「あ、奇遇だね!」という感じで、驚きとともに再会することになるわけです。
    ときにはピンポイントで「彼は明日、仕事の関係でどこそこへ行きます。貴女も時間を作って同じ場所で待ち伏せてください」などと指示することもあります。 これはどんな人間にもある感情なのですが、偶然の一致というかシンクロニシティ的な現象に遭遇すると、それを特別な縁と感じる傾向があります。つまり以前に別れた恋人と思わぬ場所で再会することによって、(もしかしたら彼女と自分はもう一度やり直す運命にあるのではないか……)と無意識に感じてしまうわけです。 後はメールや電話によるコミュニケーションの方法についても色々と助言しますね。別れた相手からしつこくメールや電話をされ続けたら、これは完全に逆効果ですよね。余計、嫌いになってしまうと思います。復活愛のご相談の場合、私はどんな方にも「彼に忘れられないようにと願う気持ちは分かりますが、頻繁にメールを送りつけるような行為だけは止めておきましょう」と釘を刺しておきます。
    もしどうしても彼とつながっている感じを保ちたいと思うのなら、メールや携帯より手紙を書く方が効果的だと思います。人によっては「それはかえって重い」と感じるかもしれませんが、その「重い感じ」がかえって鍵となるのです。自筆で書いた手紙や葉書には人の念が乗りやすいので、それによって相手の心も動きやすくなります。つまりご相談者のことを思い出してもらえるチャンスが高まるのです。
    彼に対して100回メールを打つ時間があったら、真心を込めて一通の手紙を書くべきですね。ただ、その文面には「貴男ともう一度やり直したい」という旨の言葉を記してはいけません。あくまで相手の近況をさりげなく訊ねたり、自分が今どんな風に生活しているのかを控えめに書いたりする程度にしておいてください。また、手紙を送るのは年賀状や暑中見舞いの挨拶を含めて年に四、五回くらいに抑えておくのが無難ですね。また手紙を送る際には鑑定を通して私に教えていただければ、その都度、文面にこもった念を強化増幅させていただきます。
    そんな手紙を送っているうちに、突然、相手から連絡が来たとおっしゃる方はけっこう多くいらっしゃいます。

  • しかしその手紙作戦だと、復活愛が成就するまでに長い期間かかかってしまいますが……。

    ええ、やはり一年から二年は必要になるでしょうね。ですから手紙作戦は気の長い性格のタイプの方や、できるだけ自然な形で復活愛を成就したいと考えている方にのみお勧めしています。でも現実にはそういう方はあまりいらっしゃいませんから、先ほど申し上げたような、「偶然の再会作戦」を立案するわけです。

  • 別れてから長期間が経過した状況というのはやはり復活愛の成就は難しいですか?

    「去る者は日々に疎し」と言う言葉がありますが、恋愛に関しても同じで、やはり別れてからの歳月が長くなるほど願いの成就が難しくなるのは事実です。そういう場合は、二段階目の方法を使います。すなわち、波動修正を応用した相手の想念転換です。 先ほど40%の方は助言と指導のみで復活愛を成就させることができると申しましたが、残りの60%に関してはやはり霊能術を使うことになります。またそれでなくては、わざわざ霊能鑑定を受ける意味がないとも言えます。
    私が執り行うのは本来、霊体と精神の調整に使う念エネルギーを変換させてそれを相手の魂へ送り込み、ご相談者への愛情を強制的に甦らせる方法で、いわば呪術に近いですね。成就が難しい復活愛のケースでは、私に限らず他の霊能者の先生方も多かれ少なかれ、祈祷や呪術のパワーをお使いになっていると思います。また、そうした特殊な技法を用いることができるのが霊能鑑定の強みでもありますよね。普通の占い鑑定ではアドバイスしか得ることはできませんが、霊能者は相手の気持ちを振り向かせるという力業を駆使することができますからね。
    自己宣伝をするわけではありませんが、こと復活愛の成就に限っては通常の占い鑑定ではなく、実力のある霊能者に相談するのがベストな方法だと断言できます。

霊能者に聞く一覧へ

先頭へ