鑑定体験談

西恵乃咲 先生

誰にも相談できなかった義弟との過ち。複雑な事情を聞いてもらい、すぐに解決へ導いてくれました!

●東京都町田市 仲西彩香さん(31歳)

心の重石になっていた出来事がありましたが、どうすればその苦しみから逃れることができるのか、答えを探しているうちに宜保鑑定事務所さんにたどり着きました。元々、短大時代の友達がひいきにしていて、以前から私の身に何事かあると「宜保霊感事務所の西恵乃咲先生に相談してみなよ」と口ぐせのように言われていたのですが、その気になったのは今回が初めてです。実際にご相談してみて、もっと早く試せば良かったと後悔しました。

私の悩み事……。それは不倫のトラブルでした。しかもその相手というのが、すぐ下の妹の夫、つまり義弟に当たる男性だったのです。事の発端は3年前の冬、妹が出産のために入院した際、代わりに家事の世話をしてあげたことでした。自分の勤めが引けてから妹夫婦が住むマンションへ行き、溜まっていた洗濯と掃除、料理の作りおきなどをしてあげていたのですが、一段落つく頃には終電が終わっていて、話の成り行きで朝まで泊まることになりました。そしてその晩、ほんの出来心から義弟と過ちを犯してしまい……。その後も向こうからの誘いを断り切れず、つい昨年まで関係を続けていました。

別れるきっかけになったのは、私の方に真剣に結婚を考えたい相手ができたからなのですが、義弟はどうしても納得せず、「自分も離婚するから、そっちも男と別れてくれ。駆け落ちでもしてやり直そう。言うことを聞かなければ、全部ばらす」と、恐ろしい言葉で迫るようになりました。もし本当にそんなことをされたら、妹とそのまだ幼い甥には一生恨まれるでしょうし、もちろん今の彼とも終わってしまいます。愚かなことをしてしまったと、心底から悔やみました。

「大丈夫です。今、その義弟さんの気持ちを透視しましたが、妹さんと離婚することは考えていません。単に脅しの手段としてそう言っているだけです」相談の説明を終えた後、開口一番に告げられた言葉がそれでした。さらに「今、付き合っている恋人に事情を話そうかと思いつめているみたいですが、それは止めておいた方が無難です」と、心の中まで見透かされました。

「この義弟さんに対しては、毅然とした態度でいるのが一番です。『妹に話すなら、好きにしたら?』とね。本人に妻子を捨てる意志がない以上、自らを破滅に招くような真似は絶対にしないはずですから」と、それが西恵乃先生の結論でした。すでに義弟の風貌や性格、また交際中の男性のプロフィールや出会いの馴れ初めなども事細かに言い当てられ、中には第三者には絶対に知り得ない事柄も含まれていたので、従うに足りると判断しました。

それで義弟に対して言われたとおりの対応を続けていたところ、ほんの1ヶ月ほどで脅しめいた連絡を寄越さなくなったのです。どんな心境の変化があったのかは不明ですが、恐らく透視してもらった通りだったのでしょう。

「妹さんと顔を合わせていれば、これからもずっと良心の呵責に苛まれます。ですからまずは、遠方へ転居されてみては?」という助言もいただいており、真剣に検討している最中です。

鑑定体験談 一覧へ

先頭へ