電話占いであった不思議な話 -霊能の世界-

第32回 土岐キミ子 先生

デジャヴが頻発するので鑑定を受けたら
「運命の出会いの予兆」と言われ…。

鳥取県倉吉市・島村夏帆さん(仮名)31歳

運命の出会い

数ヵ月前に土岐キミ子先生に鑑定していただきました。当時、デジャヴ(既視感)に襲われることが多くなり、「これは何か意味があることなのかもしれない」と思い、占いに詳しい友人に霊能者の先生を紹介してもらったのです。デジャヴに襲われるのは時も場所も選びません。職場の同僚と話している時「この話、前にも聞いたことある」と思ったり、初めて足を運んだ場所で「この景色、前にも見たことがある」と感じたり、そういったことが四六時中起きるようになりました。あまりによく起きるので、ついボーっとして怪我や事故を起こしそうになり、このままではよくない、と思い、霊能者の先生に鑑定してもらうことにしました。

土岐キミ子先生は、鑑定が始まるとすぐ、私に起きている霊的異変を感じ取って下さいました。「あなたにはもうすぐ人生の大分岐点が訪れるでしょう。魂はすでに予感を受け取っているはず。あなたは最近、不思議な感覚に襲われることが多くなったのではないでしょうか」そう言われ驚きました。最近デジャヴに襲われることが多いのです、と説明すると、土岐キミ子先生は「それこそが予兆です。もうすぐ人生を変えるような出会いがやってきます」と言われました。「それは恋愛や結婚に繋がる相手でしょうか?」当時シングルだった私は思わずそう訊き返すと、「そうすることも可能ですし、そうでないとしても彼は生涯の友人となるでしょう。選ぶのはあなた。あなた次第です」そう答えられました。また、「彼と出会った瞬間、これまでで最も強い既視感に襲われるでしょう」と予言されました。

その不思議な鑑定から2週間も経たないうちに、彼と出会いました。先生の予言は当たりました。彼と初めて話した瞬間、「この人とは前にも話したことがある!」という強烈なデジャヴに襲われたのです。今までにもデジャヴは頻発していましたが、そのどれよりも強烈で、確信めいたものでした。思わず呆気に取られていると、彼から「あの、大変失礼ですが、前にお会いしたことが…?」と質問され、二重に驚きました。彼も同じ感覚を受けていたのです。

彼とはすぐに気が合い、お互い独り身だったこともあり、自然な形で交際関係になりました。お付き合いして以降、デジャヴに襲われることはめっきり少なくなりました。その代わり、彼との些細なやり取りで、不思議な感覚に陥ることが増えました。説明されてもいないのに彼の考えていることがわかったり、頼まれてもいないのに彼が何を欲しているかがわかったりします。また、お互い同じタイミングで同じ歌を口ずさんだり、同じことを同時に言ったりするのも日常茶飯事です。土岐キミ子先生は「もし恋人になっていなくても、生涯の友人になっていた」とおっしゃっていましたが、それも感覚で分かります。彼とはただならぬ縁で結ばれているということを、肌身で実感するのです。正直、私はそれまで恋愛に対して淡泊で、あまり異性に対して興味がありませんでした。でも、彼との出会いは、そんな今までの人生で培ってきた価値観を根底から変えるものでした。あの時感じていた無数のデジャヴ、土岐キミ子先生の占い鑑定、そして予言通り訪れた彼との出会い、魂同士が結ばれているような感覚…。全てがひとつに結び付き、私はいま、不思議な感動に包まれています。

不思議な話 一覧へ

先頭へ