電話占いであった不思議な話 -霊能の世界-

第27回 黒松蝦夷 先生

娘の連れてきた彼氏に違和感を覚え
霊視鑑定してもらったところ…。

愛知県名古屋市・平坂晶紀さん(仮名)50歳

先日、娘が彼氏を連れて家にやって来ました。とはいっても、娘はまだ18歳の女子大生で、彼氏も20歳の大学生。結婚を前提にした…というより、単に家族に紹介したかったのでしょう。私たちも娘の彼氏をみんなで歓迎することにしました。娘の彼氏はとてもハキハキして感じの良い若者でした。ちょっとやんちゃそうな雰囲気ではありましたが、年頃の男子なんて多かれ少なかれそんな感じでしょう。初対面の私たちの目を見てはっきりと受け答えをする彼の姿に、私も、旦那も好印象を受けました。

しかし、頭の片隅にほんの少しだけ違和感を覚えたのです。普通、20歳の男子大学生が彼女の親の前でこんなに堂々としていられるでしょうか。ちょっとそわそわしてしまったり、緊張でぎこちなくなってしまったりするものではないでしょうか。冷静に考えてそう思いました。そつのなさが20歳の男子には見えないのです。人慣れし過ぎている気配を感じるというか、何かまったく別の人格が優等生の人格を演じてなりすましているというか…。

どうしても違和感が残ったので、何度か占い鑑定でお世話になっている宜保鑑定事務所の黒松蝦夷先生に電話でご相談してみました。「先日、娘が彼氏を連れてきたのです。とても良い感じの男子だったのですが、どうも違和感が…」そこまで話すと、黒松蝦夷先生は突然、「その男性、学生ではありませんね」と言われました。「その方は自営業の方です。年齢は28歳ですね。見た目が若作りなので学生の若者を演じていますが中身は全然違います」と言われました。また「彼は女性を騙すのが趣味で、『自分がいかに別の人格を演じられるか』を楽しんでいます。金銭を奪ったりすることが目的ではありませんので、娘さんが何も知らなければそのまま学生の彼氏としてお付き合いして、やがてお別れすることになるでしょう」と言われました。そんな趣味の悪い男がいるなんて信じられません。でも、私が覚えた違和感の正体が先生の言葉でしっくりきたのです。

後日、娘に相談してみることにしました。占い師の先生に見てもらったとは告げずに、「怒らないで聞いてね。この前連れてきたあなたの彼氏、とても20歳の学生には見えないのだけど、あなた騙されていないかしら」と告げると、娘もちょっと思うところがあったのか、「今度調べてみる」と素直に応じてくれました。私は娘に、くれぐれも危ないことはしないように、と忠告しました。その後、娘は彼氏の隙を見て財布の中にある免許証を確認したそうです。すると、そこに書いてあるのは彼が自称していた生年月日と全然違ったのです。年齢は28歳で、黒松蝦夷先生が霊視された通りでした。職業については確認できなかったそうですが、娘はそれを見て「騙されている」と確信。「くれぐれも危ないことはしないように」との私との約束を守り、その場で問い詰める真似はせず、別れてからLINEで嘘を指摘しました。すると彼はあっさりと嘘を認め、「全然違う人間を演じてるのが面白かったんだ、ごめんね」と一言謝り、それ以降返信が来なくなったそうです。

全て黒松蝦夷先生のおっしゃった通りでした。もしかしたら騙されたままのほうが娘にとっては幸せだったのかもしれませんが、やはり親としてはちゃんとした男性とお付き合いしてほしいと願います。これから違和感を覚える出来事があったらすぐに黒松蝦夷先生にご相談します。この度はお世話になりました。

不思議な話 一覧へ

先頭へ