電話占いであった不思議な話 -霊能の世界-

第26回 日野原明恵 先生

彼との子供を流産してしまい、それから
夢に子供が出てくるようになりました。

東京都板橋区・酒井結子さん(仮名)32歳

一年ほど前の出来事です。当時の彼との間に子供ができたのですが、流産してしまいました。彼も結婚を決意してくれたのに、とてもショックでした。そして、それ以降、子供の夢を見るようになりました。流産したことが本当に悲しくて、自己嫌悪になっていたのもあると思います。「流れた子が私に取り憑いて恨んでいるのではないか」と思うようになり、水子供養のお願いをするため、宜保鑑定事務所の日野原明恵先生に鑑定をご依頼しました。日野原明恵先生は除霊や浄霊を得意とする先生とのことでしたので、流れてしまった子供のこともきっと供養してくれると思ったのです。

電話が繋がると、日野原明恵先生はすぐに霊視で鑑定を始めてくれました。そして、「最近、とても不幸な出来事がありましたね。あなたは最愛の人との間にできた宝物を失ってしまいました。大変お辛いでしょう」と言われたのです。私の状況を的中させ、やさしい言葉でいたわってくださり、思わず涙が出てしまいました。そして日野原明恵先生は「大丈夫ですよ。お子さんはあなたを恨んではいません。それどころか、あなたと彼が結ばれるように見守ってくれています。ふたりは結ばれ、また宝物を授かるでしょう」と言われました。その言葉で私はふたたび泣いてしまいました。夢に子供が出てくるようになったのも、私を恨んでいるわけではなく、私たちを護ってくれているからだ、と丁寧に説明してくれたのです。

それから、彼と結婚することになりました。きっかけは流産でしたが、彼が「ちゃんと籍を入れてもう一度ふたりの子供を作りたい」と言ってくれたのです。あれから一年が経ちました。私はいま妊娠三か月です。彼と結婚してすぐに二人目を授かったのです。日野原明恵先生が「また宝物を授かる」とおっしゃって下さった通りでした。私は流れてしまった子のことを一生忘れません。そして、日野原明恵先生の予言通りに授かった私たちの宝物を大事にしていこうと思います。

不思議な話 一覧へ

先頭へ